ムダ毛と戦うこと20年余りの人生

私は、幼いころからムダ毛が多い方でした。すね毛なんて男性並みです。なので、脱毛に関しては中学生のころから非常に気になっていてどうにかならないものかと考えてきました。
まず、中学生の頃は、エステに行くお金なんてありませんし、それに恥ずかしくて親にも内緒でこっそりやれる方法しか考えられませんでした。

 

それはクリームを塗ってガムテのようなものでバリっとはがすもの。
薬局でなけなしのお金は叩いて購入したものの、肌が荒れるだけで、大した効果はありませんでした。単純にガムテで剥がすのと変わらず、痛いしクリームは肌によくないし、いいことナシです。
それから高校生のころは、地道な脱毛でした。眉毛抜きに使うピンセットを使って一本一本。毛が濃いだけでなく量ももちろん人一倍多いので気が遠くなる作業です。結局脱毛はかなり一部分だけしかできなかったです。仕方なく3日に一回はかみそりで剃っていました。

 

初めての脱毛は激痛との闘い

大学生になりアルバイトも始め、お金がある程度たまったとき、思い切ってTBCに行き、30万円の脱毛コースに申し込みました。今考えるとかなりの高額ですが、それでも当時のTBCのメニューの中では安い方でした(今も同じような価格なのかは分かりませんけど)
どうせなら永久脱毛がいいと思ったので、ニードル脱毛にチャレンジです。初めての本格的な脱毛にワクワクしていたのですが、いざ初めてみるとものすっごく痛かったです。

 

それもそのはず、ニードル脱毛は、毛穴に針を挿入し電流を流し毛根を破壊するというもの。1本1本やっていきます。
今思えば何の予備知識も無く、ただただ今までコンプレックスだったムダ毛とおさらばできるなら!という無知の極みの代償ですね。
高額払って痛い思いをして、女性ってすごいなと我ながら思いました。あまりの痛さに30万円コースで終了してそれ続けることはなかったです。

 

痛みに負けてレーザー脱毛へ

そして社会人になり、TBCでの激痛の失敗を糧に周りのオススメで始めたのはレーザー脱毛。
当時は今ほどインターネットの情報も多くなかったので、自宅近くでレーザー脱毛をやっている美容外科に通い始めました。
いきなり高額の契約をするのも怖かったので、まずは気になっていた残っていた脇毛の契約をしました。(きちんと前回の苦い経験から学んでいるんですw)
レーザー脱毛はニードルと比べ痛みはかなり少なく、一度に広範囲脱毛できるので効率がいいです。初めからレーザーにすればよかったとちょっと後悔しました。

 

しかし、レーザー脱毛も全身をやるとなればそれなりのお値段がします。多分ニードルよりも安いんでしょうけど、それでもすぐに用意できる金額ではありません。
とりあえずは脇に腕と足を追加して脱毛を続けましたが、やっぱり少しずつ綺麗になっていくと全身脱毛が気になってくるものなんですね。

 

そして出会ったのが光脱毛

とりあえずレーザー脱毛で目に見える気になる部分は綺麗になったのですが、顔や女性の大事なところ周辺の毛も気になってくるわけで・・・。
もともとムダ毛が多い体質なので、友人の結婚式などに招待されてたときに着るドレスで背中が気になっていたのも事実。そうなってくると、やっぱり今度は残った毛を全滅させたくなるんです。

 

そこで私が調べ始めたのがレーザー脱毛よりも安い光脱毛というものです。
これは今のエステサロンでやっている脱毛で、痛みも少なくて値段も安い、という女性にとってはありがたいもの。
ただニードル脱毛を経験した私には痛みが少ないのは、特に響きませんでしたが、何より安いってのは嬉しいですよね。

 

友達に話を聞いたりインターネットで調べたりしていると、ちょうど私にぴったりの月ごとに支払いをして全身脱毛を受けられるという脱毛専門店が出てきました。
当然すぐにカウンセリングに行って、不安な点も無かったので即契約です。
それで実際に脱毛を受けてみると、ニードル脱毛に比べて痛くないのは当たり前ですけど、確かにほとんど無痛といっていい程の刺激しかありません。
今のエステって凄いんだなーと改めて感心させられましたよ、これには。
毎月1万円の出費ですべての女性の憧れといっても過言ではない全身脱毛が受けられるんですから、良い時代になったものですよね。

 

私が通っているのは脱毛ラボというエステです

脱毛ラボと言えば、今では全身脱毛で有名になりましたね。
そのシステムはというと、全身を4パーツに分けて、1ヶ月で2回通って2ヶ月で4回脱毛することで、1回の全身脱毛が行われることになっています。

 

全身脱毛と言えば脱毛ラボと言われるくらい、全身脱毛には自信がある脱毛ラボですが、月2回、一年に24回予約が取れるので、いつもきれいな肌の状態をキープすることができます。
1回目の脱毛では、背中、ヒップ、うなじの脱毛が行われ、2回目の脱毛で胸、おへそ周り、ビキニライン上部、VIOラインの脱毛が行われますので、1ヶ月で体全体の2分の1の脱毛が終了することになります。
そして、2ヶ月目の3回目の脱毛で、脚全体の脱毛がおこなわれ、4回目の脱毛で、腕全体、あご、鼻下、もみあげの脱毛が行われて、これで全身脱毛が一通り一回行われることになります。
それで、3ヶ月目にはまた、1回目の脱毛を行い、3ヶ月目と4ヶ月目で一通りの全身脱毛が行われ、そんな感じで5ヶ月目と6ヶ月目、7ヶ月目と8ヶ月目のように2ヶ月で1回の全身脱毛を行うという流れになっています。

やってよかったと思う女性の大事な部分の脱毛

女としてムダ毛の悩みはずっと抱えてきましたが、私が思っていた以上に脱毛してよかったと思える部分の1つがデリケートエリアの脱毛です。
俗にいうビキニラインとかVラインというところです。私の場合は更にIラインとOラインという部分も脱毛を行っています。
あまり聞きなれない名前かもしれませんが、女性器の周りと肛門さんの周りという部分です。
この辺りのムダ毛を自分で処理されている方は中々いらっしゃらないと思います。自分で何とかしようと思っても、現実的に難しい場所ですから・・・

 

話を戻しますね。女性なら分かると思いますが、このデリケートエリアって色々と悩みがありますよね。
生理のときに蒸れたり、血が毛に絡まったり、臭いの問題も・・・また、男性とあの時にも気になる部分だと思います。
こういう色んな問題を引き起こしているのが、デリケートエリアのムダ毛なんです。
蒸れる原因でもあるし、それによって臭い問題の原因にもなるんですよね。

 

私が脱毛して最初に実感したのは、やっぱり生理のときでした。
脱毛したからイライラが無くなる!という都合のいいものではありませんが、明らかにあの不快な感じが減りました。
毛に血がこびりつくこともなくなりましたし、個人的には臭いもかなり減ったと思います。
それと蒸れが原因だったのか時々痒くて困っていたんですけど、痒みもなくなったので、それを思うと以前より快適になりました。
痒みって中々厄介で、会社で痒くなっても人前でぽりぽりと掻く事ができない部分なので、そのイライラはなくなりました。
男性とのあのときの話題は伏せておきますが、あくまで私の体感だと感度もちょっと良くなったかな?と思いますww

 

ハサミでヘアを切るのは止めたほうがいい

もしこの話を聞いて、ビキニラインのヘアの処理だけでもしようと思ったとしても、ハサミで切るのは止めたほうがいいですよ。
そうすると、ハサミで切った毛の断面が尖っているので、ショーツからつんつんと生地を突き破って出てきてしまうので、相当惨めな状態になってしまいます・・・。

 

ましてや彼や旦那さんがいらっしゃるのであれば、そのつんつん具合に気づかれると思うので、ハサミではなく理想は脱毛してヘアを減らすか無くすことですが、自分でやるならレディース用のシェーバーを使ったほうがいいです。
処理した毛の断面が丸くなるものを使えば、ショーツを突き破ることもありませんし、つんつんしませんから。

 

脱毛すると完全なツルツル状態になると思っている方もいるかもしれませんが、普通にヘアの残すこともできます。
私の場合は、最もポピュラーといわれる三角形にして残しています。邪魔な部分の毛(水着や下着からはみ出るエリア)を脱毛して、後はちょっと量を減らすようにしてもらっています。
さすがに全部無くしてしまうのは私も抵抗がありましたからね。私の好きな温泉に入るのに、ツルツルは如何なものかと思っていましたので・・・。
あまりジロジロト他人様のヘアをチェックはしませんが、今まで一人もツルツル様に出会ったことはありませんから、さすがにそうなる勇気はありませんでした。
エステの方にも聞きましたけど、ツルツルにしちゃう人も中にはいるようで、全く公共の場でお風呂に入るなどをしない人ならば、いっそのことすべて無くしてしまった方が楽なのかもしれませんね。

 

剃ったり抜いたりも止めたほうがいいデリケートエリアのケア

女性にとってデリケートゾーンのケアというのは、外から見えない所ながらも普段から気にしておきたい所ですが、デリケートゾーンは色々と敏感な部分です。
正しいケアをしていれば良いのですが、間違ったケアをすると普通の部位よりも恥ずかしいことになってしまいます。

 

先に挙げたハサミでヘアをカットするのもNGですけど、一般的な方法が間違っているということもありまして、その代表なのが抜いたり剃ったりする方法。
これを続けていると、ただでさえ肌が敏感なところなので刺激によって黒ずみがでたり肌を傷めてしまうので止めたほうがいいです。
特に見た目にも汚くなってしまうので、黒ずみだけは避けたいですよね。
私たちの皮膚にあるメラニン色素が剃ったり抜いたりする刺激に反応して、黒くなってしまうんだそうです。日焼けと同じような感じですね。
一回でも剃り始めると、生えてきた毛がチクチクしますし、永遠に黒ずみ問題を抱えながら剃り続けないといけません。
そういった日頃からデリケートエリアのケアに気を使っているならば、脱毛をした方がお肌の為にもいいんです。

 

ですが急に処理しなくちゃいけない状況になってしまった!という場合もありますよね、突然海に誘われたり、いい人ができたり。
そんな急ぎの処理の時にはブラジリアンワックスで一度で処理してしまうというのも手です。
最近ではブラジリアンワックス脱毛を行っている専門エステもありますが、ネット通販でも手に入るので家でひっそりと処理することもできます。
日本人のお肌に合うものを使うのが必須ですが、アンジェリカワックスというものが最も人気ですので、脱毛に行くほどではないけど咄嗟の時の処理用として常備しておくのもいいかもしれませんね。